振袖の相場って?

振袖のイメージ

振袖についてネット検索すると必ず出てくるのが相場の話。
購入する場合にも数万円〜上限なしって幅がひろすぎて良く分かりませんよね。
このページでは、特に購入する場合について価格帯の目安と振袖が持つ価値についてまとめます。
振袖選びの参考にしてくださいね。

<振袖の価値と価格帯>

そのお店が良心的な価格設定を行っているなら、振袖の販売価格からも大体の価値が見えてきます。
ただし、あくまでも当店での店頭価格や、老舗の問屋さんの希望小売価格が基準となっていますのでそこだけご注意くださいね。

〜20万円代30万円〜50万円60万円前後〜150万円前後〜
低品質な振袖
大量生産品
中品質な振袖
十日町友禅
高品質インクジェット
高品質な振袖
職人仕事の京友禅
職人仕事の加賀友禅
紅型など
最高品質の振袖
作家物
総絞りなどの特殊品

(インクジェットも京友禅の技法として含まれるので、あえて職人仕事とつけています)

20万円代までの振袖の特徴

フルセット20~30万円とか、そういった価格で販売されている物はほとんどがこの枠の振袖だと思います。
個人的な意見ですが、この価格帯では職人さんの伝統的な技術を活かした振袖は殆ど手に入りません。

<特徴>
生地はほとんどの場合、中品質までの化学繊維。
ごわっとしていたり、逆にツルツル滑りすぎたり。
生地に重みがない。
ほとんどの場合、生地の裏まで色が通っておらず白い。
フォーマルに捉われない、多様な色柄がある。

<良い点>

高価な振袖の中では、とにかくリーズナブル。
奇抜な柄があったりと、ファッション的には面白い物がある。
水濡れなど着用時のダメージを気にせず、大胆に着用できる。

<要注意点>

生地質の問題から、着慣れていない人だとどうしても着崩れしやすい。
どうしても軽い印象になるので、着用するシーンが限られる。
長期間保存する場合、金加工に使われる糊(ノリ)が劣化して、本体に大きなダメージを与えることがある。

30万円〜50万円の振袖

特に30万円前後くらいが多いでしょうか。
化学繊維にインクジェット染や海外産の振袖でも、一見、正絹の職人仕事の物に見える高品質の物が出てきます。
また、京友禅の工程を現代風に合理化した十日町友禅など、型紙を使って数を染めていく国産の振袖もこの価格帯が多いです。
高品質の帯を組み合わせれば、それなりの格式の装いにもなります。

<特徴>

染の雰囲気は高品質の振袖にかなり近い。
高品質品に比べ、金加工の品質が落ちる場合が多い(金が安っぽい)

<良い点>

帯や小物合わせ次第でハイグレードな装いにも見える。

<要注意点>

大量生産が前提にあるので、同じ振袖を着ている人に出会う可能性がある。
帯や小物合わせ次第では、低品質の振袖に見られる可能性がある。
正絹の場合、お手当や保管の労力が高品質品と変わらない。

60万円前後〜の振袖

昔ながらの方法で日本の職人さんによって丁寧に作られる振袖は大体この価格帯からです。
もちろん、この価格帯でもピンからキリまでですが素人目にも一目で「良い振袖」とわかります。
特に100万円前後以上の価格帯の物は逸品といってもよく、着ているだけで色々な人から褒められるレベル。
ただ、それだけに高価格です。
ここでの価格差は、柄数や色数。刺繍や絞りが併用してあるか。その仕事のランクはどうか。など、職人さんの手間と技が価格の差に直結しています。

<特徴>

生地は品質のいい正絹。
染の特性上、裏が真っ白ということがない。
金の色も品がよく、加工も質が良い。
日本の着物の染の技を実感できる。

<良い点>
同じ振袖を着ている人にほぼ出会わない。
お家のお道具として引き継いでいける。
着付け師さんや美容師さんに褒められるレベルで振袖姿に自信が持てる。
ご自身の結婚式にまで着用でき、着用シーンが広い。
大切に管理すれば、次の世代でも自信を持って着用できる。

<要注意点>
高価である。
繊細な仕事をしている場合が多く、管理に費用を掛けないと勿体ないレベル。
お手当・保管に関しては、うちの様な着物の専門店に相談して頂くのが確実です。

150万円前後〜の振袖

150万円を超えてくるような振袖は、いわゆるハイエンド。
このクラスは1枚染め上げるのに1年単位で時間が掛かる物ばかり。
一切の妥協がないまさにお宝です。

絞りで言えば、鹿の子絞りの総柄。
京友禅で言えば、最高品質の刺繍や金加工も含め、手差しを中心に圧巻の染が施してあるのがこのクラス。
当店にあるこのクラスの振袖も、見事の一言。
着物専門店から見ても、『ええなぁ!』な存在感を持っているのが特徴です。

このクラスの振袖をお求めになられる方におすすめのプランができました。
ご興味のある方はリンク先をご覧ください。

一生の思い出に残る振袖選び

<ちんがらやが得意なのは>

お客様のご予算に応じた装いをご提案させて頂きますが、うちが得意なのは60万円前後〜以上のクラス。
創業250年を超える複数の京都の老舗の問屋さんとの半世紀を超えるお付き合いがあることで、主役となるお嬢様の雰囲気に合うように高品質な物を厳選し、市場価格よりも割安でご提案させていただく事ができるのが、当店の誇りです。

振袖はそれだけではただの高価な衣装です。
主役となるお嬢様の笑顔と将来の幸せを願うご家族の皆様の想い。
それがあって初めて、振袖は家族の絆を結ぶ最高のお道具となる。

ちんがらやはそう、考えています。

振袖の着用シーンについてはこちら

振袖の種類や格についてはこちらをご覧ください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最新記事